TOWERS オーナーズ VOICE 【ISSUE No01】

インプレいただきました~♪

こんにちは~、TOWERSダーチーです^^

 

できるだけ早朝のうちに自転車に乗っておきたいのですが、まだまだ寒さから始動できずにいます(汗)

 春になったら。。とか言っていると、あっという間にシーズンが終わっちゃうんですよねorz

 

3月も今週でおしまい。よーし、今週末から乗るぞー!!

 と悶々としていたら、昨年納車させていただいたTOWERSオーナー様よりインプレをいただきました!

 

許可をいただきましたので、掲載させていただきます♪

インプレ、ありがとうございます!!!


TOWERSBIKE, TOWERS, HANDMADE, BIKE, Bicycle, タワーサイクルズ, 信州, 安曇野, ハンドメイドバイシクル
右側のバイクがTOWERS謹製フレームです。

昨日、TOWERSのフレームの実走シェイクダウンをして来ました。

長々と外にいた割に少し負荷をかけた時間は20分弱でした。

 

素人感想ですが、フレームのしなり具合とフォークのベント、そして、カチカチホイールが良くマッチしているお気に入りの乗り心地です。

 

やや勾配のある数十メートルの登りも重いバイク特有のズッシリと引力に引っ張られることもありませんでした。

 

東京都 YY様


TOWERSのフレーム&フロントフォークの良さを感じ取って頂き、製作者冥利に尽きます。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

こちらのオーナー様には、もともと試乗車で体感していただき、その乗り心地の魅力からオーダーを頂いた経緯がありました。

 

これからハイシーズンに突入しますので、ガシガシと乗って楽しんで下さいね〜♪

 

 

このフレームについてご紹介~♪

まだ巷にTOWERSのフレームの情報が多くないので簡単にこのフレームついて説明しますね。

 

まずチューブ構成としてTANGE ULTIMATEを使用し、1インチHT, TTといったクラシックスタイル ※1 のロードバイクとなります。

 

※1 TOWERSでは、1" HTのフレームをクラシックスタイルと呼んでおり、fillet brazingのラグレスフレームも含めています。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ULTIMATEはTANGE(タンゲ)社の最上位グレードのチューブで最厚部0.65mm、最薄部0.35mmのダブルバテッドで、熱処理されたチューブです。

 

チューブの肉厚が薄い分、軽さとしなりが特徴ですが、非常に取扱いが難しいという意味でも「最上位に気を使う」必要があります^^A

 

特にこのフレームでは最初に書いた通り、1インチ(25.4mm径)のチューブを使用したことにより、よりしなりを体感しやすく作られています。

 

ちなみに、よく「クロモリはしなる」という文章を見かけますが、「しなる」にも二種類あることをご存知でしょうか?

 

一つは、よく巷で使われている意味として、脚に優しい=反発(戻り)が優しいという「しなり」

もう一つは、「しならせることによって前に進む」という意味での「しなり」があります。

 

バネ感というとカーボンフレームぽくなってしまうのでちょっとイメージと違うのですが、どちらかと言えば「そっと背中を押されている」感覚と自分は捉えています。

 

この後者の「しなり」をよく感じられるのがULTIMATEだと思います。

 

ただ、このTOWERS製ULTIMATEフレームの良さを感じるためには大きく2つの条件があり、その一つが固いホイールであること。もう一つはライダーの体重が70kg以下である必要があります。※2

 

※2 まだサンプルが多くないため、これまで試乗をしていただいた方の感想を元にしています。様々な条件、個人の感覚により異なることをご承知下さい。

 

では、それ以上の体重の方はどうしたらいいのか?方法としては肉厚のチューブにすることであったり、チューブ径を太くすることで剛性を上げるやり方があります。

 

ただ細めのクラシックスタイルの見た目が好きだから1インチチューブにしている訳じゃないんですね(^^) 人力がエンジン(動力)の自転車は心地良く走らせることこそが「機能美」なんですから。

 

本来なら女性にこそクラシックスタイルのULTIMATEのようなしなやかなフレームに乗ることをオススメしたいのですが、取り扱いに「最上位に気を使う」ということもあり、ただ単にオススメできないもどかしさがあったりします^^A 

 

また以前にもブログで書きましたが、感じ方は人それぞれですので単純にデータだけでおすすめできません。

 

TOWERSのフレームを設計する際には、ジオメトリー(サイズ)の他にも実はこんな風にフレームの剛性やしなりといったバランスを意識していたりします。

また機会があればその辺のことも書きたいと思いますね^^b

気になる部分は?

その〜木なんの木、気になる木〜♪

なんていう歌がありましたが、1番気になる木…(しつこい)いや気になるのは価格ですよね(*^^*)

 

2017年度製作分からは一部仕様が変わり、TANGE社 熱処理チューブのロードバイクフレームで¥200,000(税込)となります。

 

【Information】

・チューブグレードはご相談の上、ULTIMATE/PRESTIGE JAPAN/PRESTIGEからお選びします。

・フィッティング、フレーム設計込み(別途実施されている場合は値引き致します)

・ジオメトリーお持込の場合は¥3,000値引き

・オール研磨メッキ(塗装は別途相談)

・リプレイスRDハンガー仕様

・フロントフォーク含まず

・送料含まず

 

その他、細かい部分はまた別途お知らせします♪

TOC2へ参加してみないか!?

と、長々とウンチクくさいことを書いてしまいましたが、ダーチーのクソみたいな(ウンチクだけに...)独り言は斜め読みでいいですからね!

 

TOWERSも3年目に突入し、TOWERSオーナーが増殖中です。(微々たるものですが。爆)

という訳で、実はこっそりとTOWERS Owners Cycling Club (TOC2)を起ち上げました\(^^)/

 

【TOC2は何をするの?】

TOWERSオーナーによる、TOWERSオーナーのための、コミュニティーです。ハイシーズンはもちろんですが、寒い時期でも同じTOWERSのフレームをネタに、他オーナーのアグレッシブな走りに刺激され、自転車乗ろうぜ!ってことを目的としています。(あれ?これはTOWERSダーチーのためにあるもののような...汗)

 

【どこでやるの?やっているの?】

Stravaにクラブを作りました。Garminを使っている。や、その他Appを使っている。No GPS, no problem. でサイコンすら使わないぜ!って方もいらっしゃるとは思いますが、まずはコミュニケーションツールとしてStravaを使いたいと思います。TOC2で検索!見慣れたエンブレムが目印です。

 

【あまり難しく考えず】

個人的に自転車は自由になれる乗り物なので、組織立ったことをしたくありません。単純にTOWERSオーナーたちと気楽に会話でき、機会があれば一緒にライドできればいいな~と考えています。ご参加は任意です^^

 

 

「ただ自転車を作る立場」と「ただ乗る立場」を超えた関係が築ければ素敵ですよね^^/