なに持って走る?

荷物は最小限にしたいよね

こんにちはー!日に日に工房の暑さから逃げ出したくなるTOWERSダーチーです^^/

 

先日、「サイクリングは頭のリフレッシュにいいんですよ~」なんてブログをアップしましたが、皆さん走りにいく時になにを持って行きますか?

 

走る時間や距離、行き先にもよるかと思いますが、今日はボクの持ち物をお見せしたいと思います!

日常のサイクリング(トレーニング)編

ちょっとだけよ~♪
ちょっとだけよ~♪

先日も書いたのですが、ボクはだいたい家族が起きだす前の1時間程度、約30kmをホームコースとしてます。

 

季節にもよりますが、この時期だとほとんど荷物を持たないで走りに行っちゃいます。

 

 

涼しい時間帯(特に安曇野は涼しい!)なので、持ち物といえば安曇野の美味しい水(水道水)を入れたボトル1本とツールケースと携帯空気入れ(トップ画像のモノ)です。

 

じゃあ、ツールケースにはどんなものを入れているのか?お見せしちゃいますね^^

・予備のチューブ

・タイヤレバー

・携帯ツール

・イージーパッチ

・ミッシングリンク

・チェーンオイル

基本、これだけです。

 

チェーン周りのミッシングリンクとオイルは日常の30km程度のライドなら不要なんですが、ロングライドに行くときとツールケースが同じなので、出すと忘れてしまうのもありますが、まぁ、あればあったでいざというときに役に立つので入れっぱなしです。

 

あと予備のチューブはタイヤサイズ(周長、太さ)に合うものを入れておくのは当たり前ですが、ホイールの使い分けや、道先でパンク等で困っているサイクリストがいたら使えるようにあえてバルブ長を長めのものを入れてあります。

 

結構、シンプルかつアナログでしょ^^

 

空気入れよりもCO2インフレーター(ググってください)を使う手もありますが、ボンベを使ったら補充するのが面倒なのと、そんなに急ぐシーンがないので使ってません。

 

あと、昔に雨の峠道で予備のチューブもCO2ボンベも使いきり途方にくれているサイクリストを見た時に、自分の性格には合わないかも。と思い使ってないのもあります。。

 

まぁ、この辺は性格や走り方(仲間を待たせたくないとか)、好みの問題なので好きな物を使用するといいと思いますよ!

 

あと秘訣は、チューブやイージーパッチなど空気に触れて劣化するものはジッパー付きの袋に入れておくことですね。

どうやって携帯しているの?

ツールケースとしてサドルにつけるタイプのものやボトルケージに入れておくツール缶(プラスチック製)なんかもありますが、自分が乗っているのがクロモリフレームということもあり、サドルにつけるタイプで気に入ったものがなく長年悩んでいました。

 

レーシー過ぎたり、クラシック過ぎたりで、ちょうどいいものがない...

 

そこで泣く泣くツール缶を使っていたのですが、夏場のロングライドなんかだとボトル2本持ちたい!けどツール缶があって困る。

 

そんな時に、このツールケースと出会ったのでした!

 

ちなみに以前はこんな感じでした^^A
ちなみに以前はこんな感じでした^^A

KING CAGE [Cargo Cage] with [Stainless Steel Cage]

 

Cargo Cageには付属のツールケース(ポーチ)をスマートに収納でき、またStainless Steel Cageと同様にハンドメイドかつ細身のボディがクロモリフレームに良く似合うんです^^

 

 

まだKING CAGEと出会って半年強ですが、Cargo Cageの付属ツールケース(ポーチ)はバリスティックナイロン製ということで耐久性も高そうですよね。

少しだけ在庫しています。

小さな工房なので、できるだけ部材や商品の在庫を置かないようにしているのですが、フレームのご提案をするときのためダーチーがオススメできる製品を少しだけ在庫してたりします^^v

Kargo Cage(ロード用) ¥6,800(税抜)

 

今ご紹介させていただいたKargo Cageです。

工具などを入れるポーチが合体した遊び心あふれるボトルケージです。ツールケースとしても使えますが、あなたならなにを入れておきますか?

多少値段は張りますが、一つ持っておくと最高の相棒になりそうですね!

 

Weight: ave. 106g

Stainless Steel Cage ¥2,500(税抜)

 

Kargo Cageとボトル保持部の形状が同じだけでなく、オーソドックスな形状がスパルタンなクロモリフレームにベストマッチです!

Stainless Steel Cage 2個使いもよし、Kargo Cageと合わせて使うのもいいですね!

 

Weight: ave. 50g

Iris King Cage ¥2,500(税抜)

 

ひと目みた時に「セクシー」の一言が(笑)

いや(笑)ではなくこのセクシーな形状が細身なクロモリフレームに最高に合うんです!

フレーム合わせてボトルケージを選ぶではなく、このボトルケージに合わせてセクシーなフレームを作ってみたくなります。

 

Weight: ave. 50g

KING CAGEにはチタンのラインナップもありますが、今回在庫しているのは取り扱いやすい(価格面も)ステンレスのものだけとなりますが、この細身な形状でステンレス、そしてハンドメイドは魅力的ですよね。

 

ひとまず在庫は画像にある限りです、気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい!

自分だけの魅力的な1台を作って走りにいきましょっ♪