家族・デ・楽しむ 春サイを振り返って

家族・デ・楽しむ 春サイ 無事完了~^^

こんにちはー!梅雨なんてへっちゃらTOWERSダーチーです^^/

 

遅くなりましたが、先日の5/29(日)に開催させていただきました家族・デ・楽しむ 春サイを怪我・事故なく無事終了しました!

 

せっかく、クロモリフレーム・ハンドメイドバイシクル・TOWERSにご興味を持ってご来場していただいた皆様にアウトドアで思いっきり試乗してもらいたいっ!という思いから

 

この季節だけに天気だけは気になっておりましたが、完全に天までもが味方してくれご来場者の皆さま全員に喜んでいただけるイベントとなりました♪

 

これも、ご来場者さま、応援に駆けつけて頂いた皆さま、スタッフ一同、ご協力者さますべてのお・か・げです♪お礼申し上げまーす!

 

 

おでこ日焼けしたー><イテテテテ

クロモリフレームの可能性

今回のメインイベントして行わせていただいた、フレーム素材当てクイズ【通称:利きフレーム】ですが、

 

当初の募集人数を大幅に下回ってしまいましたが(TOWERSの知名度が低いのね~涙)、

 

その分、イベントの趣旨を十分に理解し、クロモリという素材への興味、ハンドメイドという設計の自由度、特にMade in AzuminoのTOWERSにご興味をもっていただい6名の精鋭にご参加いただきました。

 

参加人数が減った分、その分試乗時間を2倍にしたことで非常に喜んでしっかり乗っていただき、

 

皆さん、本気の走りで戻ってくるとハーハーしているにも関わらず、「次はどれ?」と再び走り出して行くのが印象的でした!

 

またフレーム製作者としても興味を持ってお越しいただいた方と沢山お話ができることが出来き、当イベントを開催した本望を遂げることができました!

 

お互いの満足度は非常に高かったと自負しております!はい^^

TOWERSフィレットロード
WASABIグリーンなヤツら

今回ご用意させていただいたフレームはすべてサイズ540(C-T)ですが、コンポーネント、パーツ、ホイールまでは合わせられなかったので、

 

多少は乗り味に影響は受けることは承知の上でしたが、ご参加者の皆さんが乗り換えるごとに非常に良い反応をしていただき

 

「あれ!?」とか「違う!!」と、ビ・ン・カ・ン♪な皆さんにフレーム製作者であり、利きフレームを考案したダーチーとしても大満足の反応でした!!

 

 

 

 

 

もしかしたらこの時したり顔になってたかも・・・(笑)

健脚の方は固めのチューブを、ツーリングをメインに楽しんでいる方は薄めのチューブを好む傾向がありましたね。

 

もちろん、その中間を好む方もいらっしゃいましたが、実はこれダーチーがすごい!っていうわけではなく(分かってますよね^^A)

 

クロモリという素材にはあらゆるタイプの乗り方や脚質に対応できる包容力があるってことを身をもって体感していただけたかと思われます。

 

若い男性参加者から

 

「初めてのクロモリロードで、すごくいい印象を持つことができました!」

 

というコメントに、クロモリは古いだけの素材じゃないんだ!クロモリを知らない若い人の選択肢の一つにもなり得るんだ!

 

クロモリの可能性を改めて再認識させていただけました。

結果発表~♪

家族・デ・楽しむ 春サイ
これが美味しいんだっ^^b

すでにお分かりの通り、このイベントはただの試乗会ではありません!

 

なんと、正式受注開始記念イベントとして、全問正解者1名様にTOWERSオリジナルフレームを贈呈させていただくこととなっております。

 

皆さん、かなり真剣に当てに来てます^^; いや真剣であって欲しかったので大奮発したのです。

 

「真剣になるから面白い」

 

これ、学校のテストやTOEICだって、仕事にスポーツに恋愛だってあてはまりますよね^^b

 

 

話はそれましたが、イベント会場であるラトリエ・デ・サンスで美味しいランチとスイーツをいただきながら結果発表です♪

 

皆さんフォークを握りしめ、試乗以上の真剣さで回答に耳を傾けてます。。

 

全問正解者はーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

 

ドックン、ドックン、ドックン・・・・

 

家族・デ・楽しむ 春サイ
真剣です!本気だから面白いんです!
家族・デ・楽しむ 春サイ
ファイナルアンサ~~~?っと思わず言いたくなります(笑)

いませんでした~~~~~....^^;  モモモモウシワケナイ気持ちでいっぱい...

 

 

ですがー。解答欄に車両番号だけでなく、乗った感想も書き込めるようにしていたのですが、皆さん非常に的確にチューブ特性を体感していたようでした。

 

当初は、同着正解者がいたらこのコメントを参考に1名を決めようと考えていたのですが、

 

それだとダーチーの主観が入り、知り合いだからとか、女性だからとか(おいっw)で不公平になってしまうからとやめたのでした。

 

その回答結果を見ていて2種類のチューブを入れ間違えてしまった方が2名いらっしゃいまして、そのうちの1人の方は非常にチューブ特性を的確にコメントされておりました。

  

こちらの方を簡単にご紹介させていただくと、スポーツサイクル歴は長くないものの、あっという間に頭角を現し現在ではブルベで200kmはぺろりとのこと(汗)。またブルベの先にはランドナーで旅をすること目指し、週末にスポーツサイクルを楽しんでいらっしゃるとのことです~。^^bグッジョブ

 

 

ここで何が言いたいかというと、老若男女、経験値を問わずすべての人が楽しめるのがスポーツサイクルであり、その乗り手にとってサイズはもちろんですが、遊び方、脚質に合うものをご提供するという工房立ち上げ当時の考えは間違っていなかったと実感できました。

 

家族・デ・楽しむ 春サイ
フレームとの対話を楽しんでいます♪

非常に的確にチューブ特性を感じていたのに、では何が影響したのでしょうか?

 

一つはアセンブルされていたホイールやパーツ、コンポーネントの差もあったかと思われますが、

 

それよりも参加者一同におっしゃられていたのは「好みの乗り味を優先してしまった・・・」とのことです。

 

しかし、同様に一同「やってみて良かった」「良い経験になった」とおっしゃっていただき、

 

さらには「次回あったらまたやってみたいと」「三回目までは挑戦する!!」^^Aとのことで今回の回答と結果について、

 

すでに次を目指していて参加者の皆さんは根っからのスポーツマンであり、

 

自転車乗りとしての鏡であるべきスポーツバイシクルファンだなと思いました。

 

今回の素晴らしい出会いに乾杯~♪

編集後記

家族・デ・楽しむ 春サイ
イベントメンバー with パステル彩円 さわさん

今回のイベントを通して、想定ほどの集客はできませんでしたが、ここ信州にクロモリフレームの魅力は十分にPRできた気がします。

 

今回100%の達成度ではなかったにしろ、初めてのイベントとしては個人的には大成功に終わったと感じております。

 

(というよりもこれ以上来ていただいても、うちだけでは対応しきれないですね...)

 

それはなぜかと言いますと。何よりも利きフレームご参加者のみならず、試乗にお越しになられた皆さまに喜んでいただけたからです。

 

モノ作りって、使う人の喜んでいる顔を想像できなければいいものは作れないんですよね。

 

ましてや、自分の手を使って作るハンドメイドなら。

 

ここまでの道のりは当初の予想以上に大変でしたが、改めて「こういう仕事がしたかったんだ」とこれまでの苦労が報われた気がしました。

 

と同時に、この日を境に正式受注を開始する、それは対価をいただくプロであると認識しなければなりません。

 

ここがゴールではなく、スタートラインでありこれからが本番だと自分に言い聞かせ頑張って行きたいと思います。

 

どうぞ、これからもTOWERSをどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

最後となりましたが、今回のイベント趣旨にご理解・ご協力をいただきましたパステル彩円 村澤佐和子先生、ラトリエ・デ・サンス 足立史樹オーナーシェフ、ジャムデザイン株式会社 市川武彦氏、当日カメラマンをしていただい金井正和氏、イベントを手伝っていただいた村澤哲氏、そしてここではご紹介できない多くの皆さまに感謝を致します。

 

 

また、自分のやりたいことを理解してくれて、どんなに辛い時でもいつも支えてくれている家族に感謝の気持ちを送ります。

いつも、本当にありがとう!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Rolande Croft (水曜日, 01 2月 2017 20:38)


    Hello! I simply wish to offer you a huge thumbs up for the excellent information you have right here on this post. I am coming back to your web site for more soon.

  • #2

    Kalyn Hammaker (金曜日, 03 2月 2017 11:34)


    I will right away grasp your rss as I can not to find your e-mail subscription hyperlink or e-newsletter service. Do you've any? Please permit me understand so that I may subscribe. Thanks.